お問い合わせ
LOADING...

REPORT施工事例レポート

2018. 3. 13

天窓の雨漏り

最近、アフターメンテナンスの雨漏りで多いのが
天窓(トップライト)からの漏水が挙げられます。トップライト

 

雨漏りの原因としては
トップライト下部の水切り(瓦用鉛製のもの)の劣化で
穴が空き、そこからの雨水の侵入によるものが多く
築15~20年のお宅で主に発生しています。

穴 (1)穴アップ

 

大急処置として、シリコンで穴を埋めて処理していますが
シリコンにも寿命があるので、本来であれば水切りを交換するのが
得作といえるでしょう。

シリコン シリコン完了

因みに現在の水切りは、各社鉛製からアルミ製に変更されており
穴は空かない?水切りとなっているそうです。

FM

お問い合わせはお気軽に

受付|10:00〜18:00 ※水曜定休