お問い合わせ
LOADING...

REPORT施工事例レポート

2019. 3. 7

外壁のクラック補修

左官の外壁につきもののクラック(ひび割れ)。
最近のものは技術の進歩であまり入ることが無くなりましたが
昔の建物ではよく目にします。

クラック

雨漏りの原因になっていたり、見た目の悪さもあり
補修工事を行うのですが手間が掛るうえ補修痕が目立ち
なかなか良い方法が有りませんでした。

そこで今回初めて採用したのが”スムースエポ”という弾性エポキシ樹脂剤。
Vカット,Uカットも不要でプライマーも不要。
そのまま専用のハンドスムーサーでクラックに押し当てて
ひびの隙間に注入するだけ。

打設

打設UP

コーキングガン

スムースエポ

最後に余分な薬剤を拭き取って仕上げるので見た目もきれいで
ノンブリードタイプなので塗装下地にも安心です。

私も施工してみましたが、とても簡単でスピーディー。
だんだんと良いものが出てくるんですね。

FM

 

 

お問い合わせはお気軽に

受付|10:00〜18:00 ※水曜定休