現場日誌

2017年11月15日 水曜日

ウェルポンプ

土木工事等で掘削して構造物をつくる際
地下水位が床掘高さより高い場合
当然ですが、水が湧いてきます。

通常、かま場等の水溜めをつくり
水中ポンプで吸い上げるのですが
あまりに水量が多い場合、範囲が広い場合
一定の間隔で土中に棒状の管を差し込み
地下で水を吸い上げる"ウェルポンプ"というものがあります。


本管から分岐して、土中に管が刺さっています。


本管


本管の末端で吸い上げた水を水路へ

土木工事ではたまに見かけますが
住宅建築で使用したを見たのは
個人的にはこの現場だけです。

FM









投稿者 アトリエ花みずき

アクセス


大きな地図で見る■住所
静岡県浜松市西区大平台二丁目48番33号

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ