スタッフブログ

2017年9月 8日 金曜日

古民家再生リフォーム3

築105年のリフォーム工事です

内部解体工事が終わりました





現在の新築住宅のコンクリート基礎はベタ基礎が主流ですが

この時代は束石の上に直接柱が受けています

腐っているものも木材は取替えて補強を行います



2階の天井裏です

小屋組みの横架材の丸太は立派なものが使われています

kou

投稿者 アトリエ花みずき | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL
アクセス


大きな地図で見る■住所
静岡県浜松市西区大平台二丁目48番33号

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ