スタッフブログ

2017年2月10日 金曜日

正いマスクの付け方

先日、朝の情報番組で正いマスクの付け方を紹介していました。
専門家の話では80%の人達が間違った付け方をしているとの事で、
マスクをしている意味がないそうです。

①裏・表を間違えない→マスクの上下をひっぱり広げた時にへこんだ方を
 顔に付ける。
②横に隙間を作らない→左右半分に折り、まん中を顔の中心に合わせる。
③上下に隙間を作らない→目の下の際までマスクを上げる。
④息を吐いたり吸ったりした時にマスクが膨らんだりへこんだり
 すれば正しく装着出来ている。(眼鏡が曇らない)
要は隙間を作らない様に付けるという事ですね。

年々改良され、高品質なマスクが出ていますが、正しく使わなくては
意味がありませんね。
正しく使って、ウィルス予防・花粉症対策に役立てましょう。
 
mask022[1].jpg

by y.m



投稿者 アトリエ花みずき | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL
アクセス


大きな地図で見る■住所
静岡県浜松市西区大平台二丁目48番33号

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ